トヨタ ルーミーの新車購入時の値引きは

トヨタのルーミーは、1LDカーとして人気で新車販売台数も多いモデルとしいて値引きが期待できないと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

最近は、新車の値引きが渋いディーラーがほとんどで、それほど期待できる値引き額を引き出すのは難しいと言えます。

 

また、人気車種として売れている車は、値引きを引き出しにくいと言われますが本当でしょうか?

 

当サイトが調べたルーミーの値引き金額は、

 

15〜20万円

 

2018年11月のマイナーチェンジ東証は値引きが一時的に渋くなりましたが、2019年に入り、値引きもしやすくなっています。

 

ただ、限界値引き金額は、20万円だと言われています。

 

ルーミーの限界値引き率は、20万円前後ですのでその金額を目標に値引き交渉するのが良いと思います。

 

ただ、最近の新車購入での値引き率は低く、それほど大幅な値引きは望めません。

 

ルーミーの場合、新車購入価格も200万円前後ですので、20万円の値引きは、オプションパーツなども多く選び、その金額からの値引きが20万円近くなることがほとんどです。

 

ルーミーの値引きは、15万円までなら比較的、値引きに対応してくれることも多いと言えますが、それ以上は、難しくなります。

 

ルーミー以外にも同じタイプの車種として同社のタンクやダイハツのトール、スバルのジャスティなどと競合しても面白いですし、スズキのソリオを競合させて値引き価格を上げるという方法もありますが、時期的には油工なこともありますが、昔ほどは、有効な手段ではないようです。

 

ルーミーの販売店のトヨタディーラーもそれほどの値引きをしてまで売却するということは感じられず、20万円までの値引きが出来ればいいのではないでしょうか?


ルーミーの3年後のリセールバリュー

ルーミーを新車で購入して初めての車検、3年後に売却した際のリセールバリューも気になりますよね!

 

3年ルーミーを乗って残価率が高ければ、売却しても損は少なくて済みますからね!

 

結構、自動車、新車の購入では、新車価格や諸費用込みの価格からの値引きなどに注目される方がほとんどですが、実は、3年後に売却することをお考えなら3年後のリセールバリューはとても重要です。

 

3年後のリセールバリューというのは、予想でしかありませんが、人気車種などの場合、残価率が高くなるので、3年後の高く売れることになります。

 

例えば、ルーミーの場合、200万で購入して、3年後の

 

120万円で売れると

 

150万円で売れるのでは30万円の差になります。

 

30万円の値引きは難しいと言えますが、リセールバリューの高い車を選ぶことは可能です。

 

ということで、本題の3年後のルーミーのリセールバリューを当サイト独自の計算で調べました。

 

2019年現在、ルーミーの発売から3年目で、初めての車検のタイミングでの売却のデーターはまだ集まっていないので予想です。

 

グレード 新車価格 リセールバリュー
1.0G 123万円 64%
1,0G-T 153万円 66%
1,0X 116万円 62%
1,0XS 120万円 64%
1,0カスタムG 142万円 66%
1,0カスタムG-T 165万円 68%

 

新車価格は、購入価格とは異なりますので、新車価格からリセールバリュー%で計算した価格が買取価格ではありません。

 

ルーミーの3年後の平均残価率、リセールバリュー

66%

ルーミーを買うならこのグレード、オプションを付けよう

ルーミーの購入で、グレード選び、ボディカラーの選択やオプションパーツなどでも将来の買取価格が違ってきます。

 

まず、ルーミーで人気のグレードと言えば、G、カスタムG、G-T、カスタムG-Tですね!

 

特にカスタム仕様は、値段が下がりにくいと言われます。

 

購入価格が多少高くても将来高く売れるなら新車価格で高くなる分は買取価格でペイされると言えます。

 

ですので、将来の売却も視野に入れた購入を希望されるのであれば、ルーミーの中でも人気グレード、人気カラーたオプションを選ぶ選ぶ必要がありますね!

 

そこでここでは、ルーミーの購入ならこのグレードでボディカラー、この装備は必要というものを掲載したいと思います。

 

まず、グレードは、

 

カスタムG, G-TかノーマルのG、G-Tまたは、限定グレード

 

ボディカラーは、

 

ホワイト系、ブラック系、ブルー系

 

オプションパーツ

 

シートシーター、純正ナビ、純正ドライブレコーダー

 

などですね!

 

特にオプションパーツは後付けできないオプションで必要なオプションは付けましょう!

 

ルーミーは、グレード数はそれほど多くなく、上位グレードほど中古車では人気があるようです。

 

ナビゲーションもトヨタは純正ナビが人気が高く、ルーミーは、T-Connectモデルはプラス査定になりやすいと言えます。

 

 

ルーミーの購入で将来的にも値下がりがしにくいグレードを選ぶならカスタムモデルで、ボディカラーはホワイト系、純正ナビの上位モデルが良いと思いますが、

 

予算的には、ルーミーの中でも高額になると言えます。

 

予算との相談も必要ですが、3年後の売却に強いのは、カスタムGやカスタムG-Tだと言えます。

ルーミー購入で見落とされるのが下取り車の査定

ルーミーを購入する際に値引きに気を取られ方が多く、下取り車がある場合でも、そちらの売却価格を軽視する方も多く見かけます。

 

下取りする車種にもよりますが、値引き価格を5万円交渉するよりも、下取り車の査定価格、買取価格を5万円頑張る方が楽にできることも多いですよね!

 

値引きが一杯一杯なら次は、今乗っている車を下取りに出す予定があるなら、その車を高く売ることを考えましょう!

 

まず、ルーミー購入のディーラーに下取りに出して金額を出してもらいましょう!

 

そこで即決をしないで、他にも査定を出すことをおすすめします。

 

その際の利用したい査定サイトが、車一括査定サイトです。

 

ここで査定依頼するだけでディーラー下取りよりも5万円以上のアップは普通にあり得ます。

 

ですので、ルーミーの購入の際に、下取り車がある場合は、ディーラーの下取りと車一括査定サイトの査定は比べてください。